応用編 白板ソフト ひらめきを忘れない

手書きと部品で自由な発想 操作、説明、活用を紹介します。

ホーム > カテゴリー - 応用編

素材読込_算数_合計

バージョンアップで素材が入っています。算数の中に「合計」「お金」を取り出して合計のマスに入れると合計してくれます。マス自体も動かすことが出来ますので、自動車等の素材に合計マスを入れると自動計算をしてくれます。
スポンサーサイト
[ 2018/07/01 13:35 ] 応用編 | TB(0) | CM(0)

フラッシュカード作成



フラッシュカードの作り方 ページ内で漢字を用意して、部品としてフラッシュカードを作成する方法です。
クリックでフラッシュカードが一周動きます。
[ 2018/05/20 11:34 ] 応用編 | TB(0) | CM(0)

部品の親子関係


部品の親子関係・・・教材作成応用編                                 車を親として、人間を子供に例えます。親の車を消しゴムで下からドラッグで選択します。子供の人間を車にドラッグで「子部品として追加」を押します。親を動かすと子供も一緒についてきます。同じように、ライトと排気ガスを親を選択した状態でドラックで子部品として追加で一緒に動かすことが出来ます。
[ 2013/09/06 19:41 ] 応用編 | TB(0) | CM(0)

画面上の画像取込


2012.7.16最新版での基本操作です。
ネットなど情報を活用するには、スタートから白板ソフト、「透明ボード」をクリックで、ハサミのL字ドラッグ で切り取ります。
ボタンの「通常」でモードが切り替わり、四隅のドラックで拡大し、テキストは、そのままキーボードとエンターで挿入します。ペンの変更は2回クリックで太さ、種類、色が選べます。手書き文字を、書き。丸を書いてハサミを選択で、部品になります。枠の外ドラックで「隠すページを追加」で
、問題が出来ます。
[ 2012/07/16 13:48 ] 応用編 | TB(0) | CM(0)

絵や線に説明


テキスト文字は、直接キーボードで入力し、ペンで引っ付ける一部分を含めて、囲み、ハサミを選択。動かすと、同時に動きます。矢印線を引きます。部品は、ドラックで移動し、線も動きます。手書きで説明を書いて一部を含め、囲みます。絵や線を動かすと、説明文も動きます。
[ 2012/06/09 18:23 ] 応用編 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

mbrain

Author:mbrain
画面にさまざまな画像や動画を貼り付けたり、テキストを入力したりして、アイデアを思いのままに記録できます。“自由な発想”でアイデアを残しましょう。
第21回「中小企業優 秀新技術・新製品賞」優良賞受賞
窓の杜「大きなそろばん」紹介
窓の杜「今日のお気に入り」に紹介
記事がベクターに掲載されてます

最新トラックバック
FC2カウンター