白板ソフト ひらめきを忘れない

手書きと部品で自由な発想 操作、説明、活用を紹介します。

ホーム > アーカイブ - 2010年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

電子黒板活用10_スクロール

部品をスクロールさせましょう。
部品を選択し、矢印、アニメーション設定、マウス操作を、
「クリックで次へ、長押しで実行」、画像効果を、「スクロール」選択、スライドを5秒へ移動させます。閉じる、クリックで部品がスクロールしました。
同じようにテキスト文字もスクロールが出来ます。
スポンサーサイト
[ 2010/05/14 20:46 ] 応用編 | TB(0) | CM(0)

電子黒板活用9_付箋文字



噴出し文字を付箋で隠しましょう。
テキストを選択し、矢印、テキスト編集、枠設定、「ページごとに設定をおこなう」をクリック、文字透明度を0に選択し、OK、OK、ふき出し文字が付箋で隠れました。クリックすると、竜馬の言葉が表示されます。
[ 2010/05/12 13:09 ] 応用編 | TB(0) | CM(0)

電子黒板活用8_噴出


<前回のページを変えてから、背景画像からのスタートです。>
虫眼鏡で、拡大させ、ハサミで切り取り戻します。もう一度、拡大させて、ハサミで切り配置し、ペンで、色をつけ説明を、書き加えます。
矢印を2回クリックで、「テキスト」、入力し、枠背景、丸をじゅうへ、色を選択、OK、作図ペンで線を引き、ハサミで切り取り、矢印で色を変え、拡大します。
[ 2010/05/11 15:23 ] 応用編 | TB(0) | CM(0)

電子黒板活用7_プリント


教材からプリント作成へ(授業で使った教材をプリントにして配布できます。)
矢印を2回クリックで、「ページを部品に変換」、角をドラックで小さくし,矢印をクリック、「部品を背景に描画」にします。
作図ペンをクリック、四角を描き名前を記入し、線を追加、作図ペンを2回クリックで、「塗り」を選択、四角を描き、矢印、「色」、バケツの白をクリック,再び、矢印をクリックで、複写を、必要な回数分、繰り返し、
枠をそれぞれに配置します。ダイアログを選択で、印刷をクリックします。
[ 2010/05/10 19:03 ] 応用編 | TB(0) | CM(0)

電子黒板活用6_バケツ


偉人は、誰でしょうか? 消しゴムで少しずつ消して、見せます。
一度に消す方法は、同じ色のバケツをクリックします。

作り方は、素材を挿入し、部品上に、バケツを、エル字にドラック、囲みながら、ドラック、同じ色の、ペンを使ってもバケツで一度に消すことが出来ます。
[ 2010/05/09 18:41 ] 応用編 | TB(0) | CM(0)

電子黒板5_半透明アニメ


(半透明ページを使ったアニメーション活用)日本の初代首相は、伊藤博文 です。線を引き、ハサミで2箇所を エル字に切り、選択した状態のドラックのままで、一旦、外に出し、戻って、枠内でドロップ、「半透明ページを挿入」を選択、長押しで、点滅します。素材をドラックして、「部品として追加」、作図ペンを2回クリックして、「塗り」、「黄色」をクリック、斜めにドラックで四角を作り、再び、選択した状態のドラックで、一旦、外に出し、戻してドロップ、「半透明ページを挿入」で移動します。クリックで、付箋が、めくれた状態になり、画像が表示されます。
[ 2010/05/08 20:39 ] 応用編 | TB(0) | CM(0)

電子黒板活用4_背景画像


背景素材をドラックして、背景画像を、 選択します。
ペンで文,文節、単語と板書します。
花は植物だ。を それぞれ、板書しマーカーで、分かりやすく文、文節、単語と区切ります。
[ 2010/05/07 17:13 ] 応用編 | TB(0) | CM(0)

電子黒板活用3補足


部品をまとめて、削除したい時は、ドラッグで、、
一箇所に移動し,はさみのL字で、グループ化して、
選択した状態で、矢印クリック、削除ができます。

同じように、グループ化して、サイズを変えたり、色の変更も可能です。
選択し、矢印クリック「部品配置」で子部品に戻ります。
[ 2010/05/06 17:55 ] 応用編 | TB(0) | CM(0)

電子黒板活用3


ポインタが消しゴム.プラスの,エル字のドラック(ジェスチャーでの操作)で,なぞりましょう。
同じページが追加されました。はさみで不要な部品を、高速早送りで、削除します。
短所を補う解決法を、それぞれ、板書します。
ポインタが消しゴム.プラスで、ドラックで上方向(ジェスチャーでの操作)をなぞったら、前ページへ移動します。
下方向(ジェスチャーでの操作)をなぞると、次ページへ移動します。振り返りの授業に使えます。
通常は、赤三角が前ページ、緑三角が次ページの切替ですが、消しゴムプラスを使うとジェスチャーでページがアニメーションのような切替が出来ること説明させて頂きました。

[ 2010/05/05 18:14 ] 応用編 | TB(0) | CM(2)

電子黒板活用2


部品を選択した状態で、矢印クリックの「前面に描画」をクリック、消しゴムでの修正や、ペンの追加が出来ます.
コメントをはさみで切り、部品にします。
実際は、話し合って、コメントを移動させて、分類しましょう。板書も追加できます。
[ 2010/05/04 19:24 ] 応用編 | TB(0) | CM(0)

電子黒板活用1


板書中、書き込みが多くなり、スペースが足りなくなった場合は、矢印を2回クリックで、
「ページを部品に変換」をクリックします。部品枠の角をドラックで、
縮小出来、スペースが確保できます。ふたたび、スペースに板書が出来ます。
[ 2010/05/03 17:15 ] 応用編 | TB(0) | CM(0)

はさみの使い方3



ハサミを選択し、部品を囲むと、グループ化し、同じ移動をします。
エル字のドラックや、両端が離れたドラックも同じです。

分割された部品もグループ化になります。再び子部品に戻すには、
選択中に長押し(ポップアップメニューが開く場合は、編集ダイアログを選択)で「部品配置」をクリックで分割されます。

他にも、グループ化された部品を、選択中に長押しで「前面に描画」を
クリックで部品化の前の状態に戻り、消しゴムで消せます。
[ 2010/05/02 16:30 ] 基本編 | TB(0) | CM(0)

はさみの使い方2


ハサミをクリックで、部品が、赤枠になります。不要な部品をクリックで、
削除をクリックします。削除されました。、
ハサミをクリック、複写したい部品をクリックで、複写されます。
[ 2010/05/02 16:22 ] 基本編 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

mbrain

Author:mbrain
画面にさまざまな画像や動画を貼り付けたり、テキストを入力したりして、アイデアを思いのままに記録できます。“自由な発想”でアイデアを残しましょう。
第21回「中小企業優 秀新技術・新製品賞」優良賞受賞
窓の杜「大きなそろばん」紹介
窓の杜「今日のお気に入り」に紹介
記事がベクターに掲載されてます

最新トラックバック
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。