第15回ゼミナール 白板ソフト ひらめきを忘れない

手書きと部品で自由な発想 操作、説明、活用を紹介します。

ホーム > イベント > 第15回ゼミナール

第15回ゼミナール

------------------------------------------------
第15回「白板ソフト」ゼミナール
------------------------------------------------

参加者の深い学びを持ち帰って頂くために!是非、各自、課題をお持ちください。

ICT活用の情報交換や交流の場として、お気軽にお越しください。実践されている先生方、活用本「楽しい授業をつくる白板ソフトをつかって~」の執筆者および、学習デジタル教材コンクールで入賞、受賞された先生方とも直接話をすることが出来、共に課題を持ち寄り、アドバイスや解決方法を見つけませんか?

今回はEDIXに出展されていたMUVの森下様も参加表明されており、話題の未来のデバイスだとBIRD http://www.stoicfps.com/19391/ のお話しや白板ソフトと組合せで近未来の授業がご覧いただけると予想されます。
、先進的ICTの活用を見て触れてください。あなたも研究会メンバーと共に学びを深めて、情報交換&交流をしましょう。

概要

日時: 2017年7月16日(日)10:00~17:00 
司会: 木下昭一 (教育ネット研究所代表)
講師: 坂本勝 (㈱マイクロブレイン代表 白板ソフト開発者)
場所 : 埼玉県新座市菅沢2-1-28
   十文字学園女子大学(9号館2階9201教室) 048-477-0555(代表)
アクセス:JR武蔵野線「新座駅」徒歩8分
     副都心線直通 東武東上線「朝霞台駅」乗換、JR武蔵野線「北朝霞駅」より
     「新座駅」下車、徒歩8分
参加費: 1,000円 (当日受付にて支払い)
持ち物: ・昼食はご持参ください。(パソコンに飲み物等をこぼさないよう、ご注意をお願いいたします。)
     ・活用本(楽しい授業をつくる白板ソフトをつかって)をお持ちの方は
     ご持参されると解りやすいです。  
     (購入を希望の方は、当日のみ特別割引価格2,000円で購入可能)
     ・USBメモリーを持参されると作成された教材等をお持ち帰りできます。

    *PCは会場にあるPCを使います。
     
定 員 : 20名
内容: 自分の課題を持ち寄って交流し、深める。
主催: 白板ソフト研究会
協力:十文字学園女子大学 教育ネット研究所 学習過程研究会 ㈱マイクロブレイン

申込: こくちーず 
http://www.kokuchpro.com/event/f7f8ffeb4e907b218a32fcfa1a33372d/

◆白板ソフトについて

・ホワイトボードのような使い心地のソフトで、パソコン画面の白いボード上に画像やデータを貼り付けたり、手書きのイラストや文章を書き込んだりして使うもので、授業で演示、収録することが可能です。

・写真やプレゼンテーション資料、デジタル教科書などの上から、解説やメモを手書きで書き加えるので、より要点が伝わりやすい授業を実現します。

・パソコンにプロジェクターや大型ディスプレイをつなぐだけで、学校の授業、会社の会議でも使えます。

<白板ソフトの実践者の声:3つの特長>
1:子供の色々な声を反映させ、自由自在に形にすることが出来る。 お互いに皆で考えることで、「判断力」がつく、学びが深まる。
2:双方向によりフレキシブルに対応できることで、「思考力」が付き、アクティブラーニングの対話式に適しておりコミュニケーション力や「表現力」がつく。
3:簡単で短時間で使える、細かいことが表現できる。
【今後の展望】
誰でもが、教材を作れるから、プログラミング教育やロボット教育、人工知能の活用にも繋がるICT活用の21世紀型スキルの育成に力を入れて研究をしています。
スポンサーサイト
[ 2017/05/26 13:09 ] イベント | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

mbrain

Author:mbrain
画面にさまざまな画像や動画を貼り付けたり、テキストを入力したりして、アイデアを思いのままに記録できます。“自由な発想”でアイデアを残しましょう。
第21回「中小企業優 秀新技術・新製品賞」優良賞受賞
窓の杜「大きなそろばん」紹介
窓の杜「今日のお気に入り」に紹介
記事がベクターに掲載されてます

最新トラックバック
FC2カウンター